リスティング広告の運用実績

リスティング広告の運用やインハウス支援サポートをしている案件について、どのような施策を実施しているのかご紹介します。

海外留学のリスティング広告運用

発展途上国(フィジー)への留学希望者を増やすことを目的とした案件です。

リスティング広告運用での課題

・できるだけCPAを下げて、お問合せ件数を増やしたい。
・広告LPだけでなく、サイト全体の課題や改善点を解決したい。

実施したリスティング広告の施策

まず、サイト全体の流入チャネルを分析し、SEOからの流入がほとんど無い状況だったので、まずはリスティング広告(検索連動型広告、バナー広告)でアクセス数を増やすことを第1ステップにしました。
⇒流入数を増やして、サイトの改善点を見つけるため。

リスティング広告の運用自体は、前任の運用アカウントの構成が、キャンペーン数が1商材に対して20個以上と過多な状態だったため、『hagaure』に基づきシンプルなアカウントに再構築を行い、自動入札が正しく動くように調整しました。

今までは留学サービスの訴求ポイントを『フィジー留学=安い』しか押していなかったので、クライアント様と話し合いながら新しい訴求ポイント(魅力)を生み出しました。

また、私自身も実際に「フィジー留学」を体験してみました。

実際にフィジー留学を体験してみて

・留学を検討する人が不安に感じること(自分自身、身内)
・留学準備の際に欲しい情報
・実際に留学をしてみて、サイトに書かれていることに違いがあった点

をフィードバックし、広告LPやサイトコンテンツの見直しを実施しました。

弁護士事務所のリスティング広告運用

「労働問題」や「相続問題」といった法律相談を増やすことを目的とした案件です。

リスティング広告運用での課題

・「日本弁護士連合会」の広告規定を守り、弁護士の品位を落とさない広告を配信する。
・お問合せのCPAを下げるだけではなく、お問合せからの成約率(受任率)を上げる。

実施したリスティング広告の施策

まず、日弁連の広告規定をよく確認し、『相談実績○○件』や『〇〇専門』といった”広告に使ってはいけない表現”を避けることに注意しました。

>>>弁護士の業務広告に関する規程

理由は、規定違反の広告を配信すると、最悪のケースでは弁護士会から懲戒処分を受けてしまい、弁護士としての活動ができなくなるためです。

様々な弁護士事務所の広告を見ると、『これはアウトだな…』と感じるクリエイティブも少なくはないです。

弁護士自体が「広告規定」を把握していないケースもありますが、法律事務所の広告は「リスティング広告を代理店に丸投げ」は危険です。

必ず、クリエイティブチェックをしましょう。

また、契約率(受任率)を上げるため、『弁護士では受けられないお問合せは減らす』に注力し、広告を表示させる検索キーワードを調整しました。

例えば『交通事故被害の相談』の場合、登録キーワード「交通事故」を設定すると、「自転車事故」でも広告が表示されます。

事故のケースにもよりますが、自転車事故の場合は自動車事故と違い、『加害者が保険に入っていない』など、弁護士の力では解決が難しい(または、被害者が得られる利益よりも弁護士費用の方が高くなってしまう)ことが多いです。

管理画面のキーワード数値やコンバージョン数だけではなく、法律相談の内容を把握し最適な検索キーワードを選定しました。

看護師専門学校のリスティング広告運用

関東と関西に合計18の学校を持つお客様で、生徒数を増やすことが目的の案件です。

リスティング広告運用での課題

・各地域の学校の生徒数を調整できるようにしたい。
・リスティング広告の掲載が初めてなので、様子を見ながら配信量を増やしたい。

実施したリスティング広告の施策

実施する予算に合わせて、「関東」と「関西」で投下する広告費を調整できるよう、キャンペーンを分割しました。

アドカスタマイザー(広告カスタマイザー)と、キーワードオプションの個別リンク設定を活用し、『hagaure』に基づくシンプルなアカウント構造でも

「地域名 予備校」

で検索した際に、地域名に合わせた広告文とリンク先を表示させ、クリック率とコンバージョン率の向上を行いました。

広告上のお問合せ数、実際の申し込み数、各教室の生徒受け入れのキャパ、この情報を随時確認しながら、少額の予算で無駄のない集客を実施しました。

コワーキングスペースのリスティング広告運用

首都圏5か所にあるコワーキングスペースのリード獲得(資料請求、見学会予約)を増やすことが目的の案件です。

リスティング広告運用での課題

・月額3,000万円を超える運用額に対して「検索広告」「ディスプレイ広告」の配信バランスを調整して、お問合せ数を増やしたい。
・競合企業との差別化を強く出したい。

実施したリスティング広告の施策

広告予算が多かったため、自動入札が正しく動くための広告表示回数やコンバージョン数は確保できると判断し、アカウント構造は各コワーキングスペースごとにキャンペーンを別けて作成し、それぞれのリード獲得の状況を判断できることを優先しました。

平均的なコワーキングスペースよりも利用料金が高かったため、”高い理由(サービスの充実さや、内装のデザイン性)”を伝えることに注力し、GDNやYDNのバナー広告だけではなく、動画広告の活用も実施しました。

マーケティングツールのリスティング広告運用

BtoB商材のリード獲得(資料請求、セミナー参加)を増やすことを目的とした案件です。

リスティング広告運用での課題

・競合が多いため、高騰しているCPAを抑えたい。
・資料請求数を増やすだけはなく、成約までの数値を追って、ROASを最適化したい。

実施したリスティング広告の施策

コンバージョンに繋がる検索キーワードの検索数が限られる案件の場合、「競合サービス名」で広告を表示させているケースも多いのですが、競合サービス名でのクリック単価が3000円を超える状況でしたので、『競合サービス名を全て除外設定する』の施策を取りました。

その代わり、部分一致キーワードや動的検索広告(DSA)を活用し、潜在層へのアプローチを強化しました。
⇒1ヵ月単位での成果評価だけではなく、3ヵ月、6ヵ月での成果評価を実施するようにしました。

また、
・リード獲得から成約までの期間が長い
・月額課金モデル
であることから、1受注ごと正しい売上単価(LTV)を、クライアント様と一緒に過去の営業データを元に分析し、そこからROASが見合うリード獲単価を算出しました。

この分析で、今まで気づかなかった”季節性”を発見できたので、3ヵ月前から広告の訴求内容や、予算配分の調整を検討できるようになりました。

自動車ディーラーのリスティング広告運用

各ディーラーへの来場者数を増やしたい、また期間限定キャンペーンの実施時に、申込者を増やすことを目的とした案件です。

リスティング広告運用での課題

・リスティング広告からリアル店舗(ディーラー)誘導への効果を把握したい。
・1週間の短期キャンペーンの実施時は、ウェブ上でリード獲得を行いたい。

実施したリスティング広告の施策

ウェブ広告がどれだけ実店舗誘導に繋がったかを、直接的に把握することは難しかったため、ウェブ広告のコンバージョンを『各店舗の詳細情報ページ閲覧』に設定しました。

また、短期キャンペーン(「5日間限定」など)の場合、自動入札を使ったコンバージョン獲得は、学習期間が足りなくて上手く成果が出ないことが多いため、各キャンペーンを実施するごとに「ターゲット設定(オーディエンスやキーワード)×入札設定」の配信結果を見直しし、『短期キャンペーンを手動入札で成果を出すための勝ちパターン』を常にアップデートしています。

税理士事務所のリスティング広告運用(インハウス支援)

特に「相続税の相談」を増やすことを目的とした案件です。

リスティング広告運用での課題

・可能な限り「相続が発生した後の相談」を増やしたい
・インハウス運用に適したアカウント構造にしたい。

実施したリスティング広告の施策

相続税の相談は「生前対策(相続が発生する前)」と「手続き依頼(相続が発生した後)」に別れます。

相続が発生した後の「相続手続きの依頼」を増やすため、ホームページの『相続が発生しているお客様』のページをマイクロコンバージョンに設定し、自動入札を動かしました。

また、個人情報を守ったうえで「相続発生前の相談内容」と「相続発生後の相談内容」を共有していただき、『相続発生後の方が検索するキーワード、興味を持つ広告文』を作成しました。

毎日、実際のお問合せ件数と、問合せの中の「相続後のと合わせ比率」を共有していただき、比率が高いとき、低いときとで検索クエリーの傾向を把握し、改善につなげました。

レンタル衣装のリスティング広告運用(インハウス支援)

レンタル衣装の予約数を増やすことを目的とした案件です。

リスティング広告運用での課題

・インハウス運用に適したアカウント構造にしたい。
・コンバージョン数ではなく、ROASを最大化したい。

実施したリスティング広告の施策

商材ごとの細かな配信は、GDNの動的リマーケティング、検索広告はGoogle広告の商品リスト広告と動的検索広告を活用してカバーしました。

また、インハウス運用の工数を抑えるため、『hagaure』に基づくシンプルなアカウント構造にしつつ、主要キーワードに対しては、アドカスタマイザーとキーワードオプションを使い、広告文とリンク先の出し分けを実施しました。

また、1度利用したユーザーのリピート率が高いことが分かったので、
・新規ユーザー向けキャンペーン
・リピーター向けキャンペーン(RLSA)
を別け、「新規向け」と「リピーター向け」のキャンペーンのROASを個別に見るのではなく、「新規向け」と「リピーター向け」の配信バランスを調整しながら、全体のROASを上げることを意識していただきました。

リスティング広告の施策は「ブログ」で紹介中

ここには書ききれないリスティング広告の施策については「リスティング広告ブログ」にて紹介しています。

アミジャット
リスティング広告の運用代行・インハウス支援、ウェブ解析
アミジャット
 
https://amijat.work/blog

『アミジャット』のリスティング運用代行サービスについて

>>>リスティング広告の運用代行サービス

>>>リスティング広告のインハウス運用支援

リスティング広告の運用代行、インハウス支援のご相談はこちら

他社では断られてしまったことでも、お気軽にお問合せください。

※フリーランスとして活動しているため、ご対応できる案件数に限りがございます。何卒、ご了承ください。