ウーバーサジェストの紹介

皆さんは「Ubersuggest(ウーバーサジェスト)」というツールをご存知でしょうか?

SEOや検索連動型広告(リスティング広告)の施策では、検索キーワードの傾向を把握することが大切です。

「Ubersuggest」とは、検索キーワードのチェックツールで、chromeの拡張機能として無料で提供されており、検索キーワードのボリュームや広告掲載したときの平均クリック単価(CPC)の目安などを、簡単に把握できるツールです。

私も実務で「Ubersuggest」を活用していますが、Googleが提供している「キーワードプランナー」よりも“直ぐに知りたい情報を取得”できて、とても便利です。

今回は「Ubersuggest」の便利な点や、「キーワードプランナー」との違いを紹介していきます。



「Ubersuggest(ウーバーサジェスト)」とは

「Ubersuggest(ウーバーサジェスト)」とは、マーケターの「Neil Patel」氏が開発した、検索キーワード分析ツールです。

NeilPatel

海外のツールですが日本語にも対応しており、具体的には検索キーワードのボリュームや、検索連動型広告を掲載したときの平均クリック単価(CPC)の目安を確認できます。

検索連動型広告を掲載するときや、ホームページやブログのSEO対策をするときは、事前に対象となる検索キーワードの傾向を把握する必要があります。

「Ubersuggest」を上手く活用することで、業務の効率化や施策の成果向上に役立ちます。

chrome拡張機能で「Ubersuggest」を導入

「Ubersuggest」はchromeの拡張機能として導入することができます。

■chrome ウェブストア

専用アカウントの登録も必要なく、無料で利用が可能です。

ウーバーサジェストのchrome拡張機能



「キーワードプランナー」と「Ubersuggest」の違い

Googleが提供している検索キーワード調査ツールに「キーワードプランナー」というものがあります。

■Google広告「キーワードプランナー」

「キーワードプランナー」を使うためには、Google広告アカウントを開設する必要があり、Google広告アカウントを開設すれば、実際に広告を配信していなくても活用できます。

キーワードプランナー-01

ただ、Google広告アカウントを開設する際に、広告費の「自動支払い」を設定する必要があり、アカウント開設の設定方法を間違えてしまうと、意図しない広告が配信されてしまうという危険性もあります。

(たまに『テスト|テスト』という広告を見たりしませんか?これは恐らく、アカウント開設時に設定を間違えてしまったのかもしれません…)

「キーワードプランナー」自体は、検索連動型広告の運用実務に役立つツールですが、単純に検索キーワードの傾向を把握することに使うのであれば、「Ubersuggest」の活用をおすすめします。



chromeの拡張機能「Ubersuggest」で確認できること

chromeの拡張機能「Ubersuggest」を設定すると、Google検索エンジンでキーワード検索を行うだけで、あらゆる数字を簡単に確認することができます。

例えば「アガット」で検索すると、このような検索結果画面になります。

「アガット」でウーバーサジェストを導入した検索結果画面

赤枠で囲んだ部分が「Ubersuggest」の機能です。

「Ubersuggest」の機能で、特にSEMの施策検討に役立つ機能をピックアップして紹介します。

機能1:キーワードの検索ボリュームと平均クリック単価(CPC)

私は元々、法律事務所のウェブマーケ担当として検索連動型広告の運用を行っていましたので、法律相談に関する検索キーワード「労働問題 弁護士」で検索してみます。

労働問題弁護士-単ワード

「労働問題 弁護士」で検索をすると、検索ボックスの中に「月間検索数」と「平均CPC」が表示されます。

なお、Google広告の「キーワードプランナー」にて、「労働問題 弁護士」の検索ボリュームと入札単価を確認してみると、

労働問題弁護士-キーワードプランナー

・月間平均検索ボリューム:880
・ページ上部に掲載された広告の入札単価(低額帯):¥141
・ページ上部に掲載された広告の入札単価(高額帯):¥498

という数値が表示されました。(2020年8月13日時点)

「Ubersuggest」と「キーワードプランナー」の、検索ボリュームや平均クリック単価(CPC)に、大きな乖離はないようです。

検索キーワードの大まかなボリュームや平均クリック単価(CPC)の把握には、「Ubersuggest」を活用した方が簡単で効率的です。



機能2:サジェストキーワードの検索ボリュームと平均クリック単価(CPC)

「労働問題 弁護士」の検索結果画面の右側に『こんな傾向があります…』と、関連する検索キーワードの一覧を表示してくれます。

労働問題弁護士-関連ワード-右

「労働問題 弁護士」の関連キーワードとしては、「労働問題 弁護士 東京」の平均クリック単価(CPC)が高い傾向です。
平均クリック単価(CPC)が高いということは、

・競合企業は入札に力を入れている

・コンバージョンが発生しやすい検索キーワード

と読み解くことができます。

恐らく東京は労働人口が多いので、「労働問題 弁護士 東京」の平均クリック単価(CPC)も高くなっているのかと想定できます。

また「Ubersuggest」は、ページ下部に表示される「関連する検索キーワード」にも、キーワード毎の検索数や平均クリック単価(CPC)が表示されます。

労働問題弁護士-関連ワード-2

『検索連動型広告を掲載する前に、クリック単価や配信ボリュームのシミュレーションを作成したい』

『SEOで狙うキーワードを「検索数×CPC」から決める』

など、サジェストキーワードの傾向把握は、SEMの実務に役立つ機能です。



機能3:キーワード毎のSEOの難易度(SD)

右側に表示される「サジェストキーワード」の項目の中に、「SD」というSEOの難易度を示す指標が表示されます。

「オンライン英会話」で検索した際の、サジェストキーワードのSDを確認すると

・オンライン英会話:70
・産経オンライン英会話:23
・オンライン英会話おすすめ:54

と、「オンライン英会話」のSD値が最も高く、この検索キーワードでSEOの上位を狙うのは難しいと想定できます。

どのキーワードでSEOの上位表示を狙うべきか、SDの数字を参考値として使うことが可能です。

機能4:ドメインの「スコア」「トラフィック」「SNSでのシェア数」「参照ドメイン数」

Googleの検索結果画面に表示されたページのドメインに対して、

  • ドメインスコア
  • ドメイントラフィック
  • SNSでのシェア数
  • 参照ドメイン数

を確認することができます。

私の大好きなプロレス動画配信サービス「新日本プロレスワールド」で検索すると、このような数字が表示されます。

新日本プロレスワールドの検索結果

各指標を元に、競合サイトのSEO施策の状況を把握することができます。



ドメインスコア

サイト(ドメイン)の強みを様々な要素から分析した指標で、0~100で評価点が付けられています。

“様々な要素”の詳細は分かりませんが、恐らく「ドメインを作成してからの期間」や「ドメイン内のコンテンツの更新頻度」が関係しているのではないかと予想しています。

ちなみに「google.com「youtube.com」「ja.wikipedia.org」のドメインスコアは100、「yahoo.co.jp」は95、「amazon.co.jp」は94でした。(2020年8月13日時点)

ドメイトラフィック

サイト(ドメイン)のSEOからの月間平均ビジター(訪問者)数を表示しています。

この数字の精度が、どこまで実数に近いかは『???』です。

訪問者数のボリューム把握の参考程度にした方が良さそうです。

ドメイントラフィックの精度について

このホームページ「amijat.work」のドメイントラフィック数は「177」と表示されています。(2020年8月13日時点)

アミジャットの結果

Googleアナリティクスでは、このホームページのGoogle自然検索からの訪問ユーザー数は「1,091」です。(過去30日)

アミジャットのGoogleアナリティクス

訪問数が少ない小規模サイトでは、乖離が大きいのかもしれません。

ドメインのSNSシェア数

このURLが「ピンタレスト」と「Facebook」でシェアされた回数を表示します。

URLごとの数字ですので、同じドメインでもページが異なると、シェア回数の数字も変わります。

個人的には「ピンタレスト」よりも「Twitter」のシェア数も確認できると便利かなと感じています。

ドメインの参照ドメイン数

このURLの参照ドメイン数(被リンク数)を確認することができます。

クリックをすると、実際のどこから被リンクされているかを確認することが可能です。

アミジャットの被リンク

競合サイトのチェックに役立つ機能です。



まとめ

「Ubersuggest」は、簡単に検索キーワードのボリュームや、広告配信時の平均クリック単価を確認できるツールです。

検索連動型広告の運用やSEO対策では、検索キーワードの傾向把握が大切です。

検索キーワードの向こう側にいるユーザーの心理を理解した上で、効果的な広告運用、SEO施策を進めていきましょう。

リスティング広告の運用代行バナー

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。